「リサーフェシング」についてのハリーの話

「リサーフェシング」は目覚ましのベルです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以下のインタビューはアバター・ジャーナル誌、第6巻第4号から抜粋したものです。

 

 「リサーフェシング」ワークブックは、意識を探究したり変容させたりするための30の練習によって構成されています。これらの練習の成果は、自分の意識のメカニズムの明確な実体験が得られるということです。このワークブックの舞台と主役はあなた自身なのです。

 

 「リサーフェシング」が1994年初めに米国で初めて紹介されて以来、その翻訳は、ドイツ、フランス、スロベニア、イスラエル、韓国、日本、オランダ、ロシア、ブラジルで出版されました。また、主要な大学のカリキュラムや州政府が後援する青少年更正プログラムで使用されたり、自己開発分野の年鑑の推薦図書リストに取り上げられたりしています。何百もの「リサーフェシング」勉強会も結成されています。

 

 読者の皆さんからのご要望にお応えして、アバター・ジャーナル編集部は、「リサーフェシング」について著者ハリー・パルマーにいくつもの質問をしました。彼の回答をお楽しみください。

 

ジャーナル:「リサーフェシング」という題名はどこからとったのですか?

 

ハリー:スキューバダイビングをやったことのある人ならたぶん知っていると思いますが、ダイビングを終えてゆっくりと水の中を上昇し始めるときに起こる爽快な気分があるんです。この上昇の最中に、いくつかのことが起こります。水圧が減少するにつれて自然にリラックスできて、光はどんどん明るさを増していき、自分の呼吸の音が心を静める効果をもたらします。水の中から見れば、水面はひとつの現実の限界を成しています。「リサーフェシング(再び水面に浮上すること)」とは、いっきに限界を越えることです。ひとつの現実を去ること、もとに戻ることです。

 

 こういう感じから、私はこの題名を選んだのです。海というものは、潮流、水の中に隠されている秘密、深さなどを持っていることから、「意識」に喩えられます。「リサーフェシング」の過程は、まさに意識の様々なレベルや流れを通り抜けて<気づき>へ戻るための上昇の道なのです。

 

ジャーナル:「リサーフェシング」の本質的なメッセージは何ですか?

 

ハリー:メッセージは、読者がこのワークブックの中の練習に対してどのような関係で関わるかによって決まります。ある人が「リサーフェシング」のことを聞いたことがなければ、何のメッセージも伝わりません。ある人が「リサーフェシング」について聞いたことがあるというだけなら、伝えられるメッセージは、その人にこのワークブックについて知らせた人自身のメッセージということになります。人が実際に練習をやってみる時、魔法のようなことが起こります。「リサーフェシング」の本質的メッセージが読者自身の中から現れ出て来るのです。それは、新しい始まりを個人的に経験することです。

 

 人々はどうすれば新しく始められるかを忘れてしまっています。乗り込んで行ける新しい未開拓分野がどんどん少なくなってしまっています。新しい始まりが無ければ死があるだけです、それこそが多くの人々が毎日やっていることです。死に向かって進むこと。自分で創り出したのに抵抗している創造の中にどんどん深く沈んでいくこと。死に向かって進んでいくことと抵抗することは同じプロセスです。それは「苦しみ」と呼ばれていて、実体のある粒子を創造すること以外にはあまり効果がありません。生はその逆の方向に向いているのです!

 

 

丹羽 裕樹(Yuki Niwa)
626-390-7959(電話)
yuki.n1107(Skype)

 

アバター無料イントロダクション、またはリサーフェシング®に登録する方はここをクリック
アバタータイムズを購読するにはここをクリック

 

ようこそ、アバターコースへ!

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください