「アバターコース第二部」ー ハリーとのQ&A

NewLD1以下の文章は、ハリー・パルマーによるリビングデリバレイトリー(アバターの発見と開発)の本から抜粋したものです。

 

質問:それは瞑想のようなものですか?

 

ハリー:そうであるとも、ないとも言えます。瞑想と同じ種類のこころの静けさが得られますが、それを面白くてもっと効果の速い方法で行います。こころを思い通りに制御し、こころを静める、という点では瞑想と似ていますが、アバターでは苦労したり対決したりせずに遊びながら行うのです。それは金庫のドアを無理にこじ開けるか、ダイヤル番号を合わせて開けるかの違いのようなものです。アバターはダイヤル番号を合わせるやり方です。

 

第二部の別の練習では、価値判断を認識したり、創ったり、変えたりする能力を開発します。これで皆さんは自分の人生のパターンに、本当の意味で目覚め始めます。

 

私たちが経験することは、自分の価値判断に基づいて経験されています。価値判断とは信念であり、私たちはその信念というフィルターを通して知覚しているのです。2人の人が同じ出来事を全く違った形で経験する場合があります。この違いは、2人がその経験にどういう価値判断をしているかによって決まるのです。

 

この練習の終わりには、どんな経験に対しても本当に価値判断を和らげられるようになります。まるでゆったりとお風呂につかるように、皆さんが抵抗してきた経験の中にすっと入れるようになるのです。身体的状態や人間関係で苦しんでいる方は、この練習をすることで強力な気づきや人生の転機となるような経験が得られます。

 

第二部の教材の最後には、現実を創りだす能力の前に自分で置いているような障壁や障害を取り除くための道具と練習が含まれています。私たちはこれを『人が笑いながら通過するこれまででもっとも挑戦的な経験』を呼んでいます。この練習の後は、微笑みすぎて顔の筋肉が痛くなるかもしれませんが、この練習は皆さんの創造する能力を高め、存在を管理する能力を回復させます。

b9d67b62a04d18b8d933805558bd27e0

 

丹羽 裕樹(Yuki Niwa)
626-390-7959(電話)
yuki.n1107(Skype)

 

アバター無料イントロダクション、またはリサーフェシング®に登録する方はここをクリック
アバタータイムズを購読するにはここをクリック

 

ようこそ、アバターコースへ! 

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください